読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グロが苦手なゾンビ

雑記ブログに転向しました。ホラー映画ばっかり見てると辛いもん。

悪夢の惨劇

あいうえお順ホラー第14作はこちら。
悪夢の惨劇

 
BAD DREAMと書いて悪夢の惨劇と読む

あらすじ
カルト教団集団自殺で唯一の生存者だった主人公。13年の眠りから目覚めたが、教祖の幻覚に度々悩まされる。さらに、精神患者が次々と自殺していく中、主人公は自分に取り憑いている教祖が死へと誘っていると思い込んでいく。

感想
精神がテーマのホラー。今回も意外なオチ。ネタバレあります。

いろんなオチが考えられる作品は面白い。本当に霊的な教祖が殺しているか、主人公が殺しているかのどちらかだと思ってたんだけど、見事に外れてしまった。後者は世にも奇妙な物語の雪山であったよね。

実際のオチは科学という現実的な要素と幻聴や幻覚といった非現実的な要素の中庸といった具合で面白いんだけど、現代なら絶対に薬物が検出されて他殺確定だろうな、とか、動機もよくわからないんだよな、とか少し興が覚めてしまう。研究とか言ってたけど、自殺を誘導する薬物を開発してどうするんだろう。国絡みで精神病患者を殺そうとしてたら警察も無視するのがお約束なんだけど、そんな感じでも無かったし。(こんなオチも世にも奇妙な物語であったよね。)

昔の名作は面白いけど、たまにその時代の認識が前提にないといけなかったりするのがつらい。
舞台が精神科っていうのも現実なのか非現実なのかを曖昧にする1つの要素だよね。非現実かと思いきや現実だったというオチは秀逸なんだけど、現実かと思いきや非現実だったというオチになると途端にガッカリしちゃうよ。フォーガットンとか。

まとめ

ホラーは現実的か非現実的か、といった話でした。おしまい。

次回は実は見逃してたアウトブレイク ライジング。久々に現代っぽいジャケットだ。期待。