読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グロが苦手なゾンビ

雑記ブログに転向しました。ホラー映画ばっかり見てると辛いもん。

アナトミー2

あいうえお順ホラー第17作はこちら。
アナトミー2

検索するとグレイズアナトミーばっかり出てくるね。自分的にはアナトミーといえばアナトミー2。

あらすじ
体が動かなくなっていく難病の弟を持つ主人公。念願の医学生となり、自分の正義を貫いて立派な医者になることを決意する。ある時、人工筋肉を研究するチームに勧誘われ、弟の病気を治す糸口を掴んだと思ったが、そこは倫理の壁を越えて医学を追求する秘密組織だった。

感想
前作と同様に医学と奇人のホラー。前作は秘密組織を明らかにしていく話だったが、今作は秘密組織に入るか否か思い悩む若き主人公の話。

今作は前作と違って秘密組織がオープンになっており、主人公が正義、秘密組織が悪という対立になっている。前作がミステリーなら今作はヒーロー物と感じる。舞台はそれに似つかわしくないが、主人公の正義の心や若さ、主人公を甘く誘惑する悪の組織と美女、そしてヒロインによって覚醒する主人公と、ヒーロー物の要素を多大に持っているからだ。しかも、まさかのアクションシーンまである。人工筋肉を入れた主人公の医者とは思えないフットワークは必見。

主人公がどん底から逆転勝利するところは見てて爽快。特に病院から抜け出すシーンや敵に操られているフリをするシーンはこいつすげぇって思うよ。まぁ出来過ぎてる感もあるんだけど、ヒーロー物と考えればお約束だよね。
また、主人公は秘密組織の悪行を暴くために、学内のほぼ全ての医者を敵に回しており、医者に絶望したかと思いきや、ラストはすごく前向きなこと言っていてかっこいい。絶対できる自信がありますよ、、一度は言ってみたい。

まとめ

勧善懲悪と前向きなラスト、非常に清々しい作品だった。ホラーやグロは前作より少ないので、そちらに期待してはいけないが、たまにはこういうのもあっていいよね。

次回は操り人間。笑うところなのか?