読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グロが苦手なゾンビ

雑記ブログに転向しました。ホラー映画ばっかり見てると辛いもん。

アパートメント:143

あいうえお順ホラー第21作目はこちら。

アパートメント:143

[アパートメント:143]	 Blu-ray

[アパートメント:143] Blu-ray

 

 意外に覚えやすいタイトル。

 

あらすじ
LAのアパートに母親のいない3人家族が住んでいた。彼らは空き部屋のはずの上の階から物音がしたりと超常現象に悩まされていたため、3人の超常現象専門家に依頼することにする。そこで巻き起こる数々の超常現象、そして専門家達が明らかにした真実とは。

感想
超常現象をあの手この手で明らかにしていくことが本作のテーマ。特殊なカメラワークと科学的アプローチが面白いと思った作品。

カメラワーク
本作では手持ちのビデオカメラの映像と調査と称して設置した複数の監視カメラの映像によって進行する。他にも赤外線カメラ等も登場し、バラエティ豊かな映像が楽しめる。そこがパラノーマルアクティビティやRECに代表されるPOV※とは一味違う今作の特徴。
※フィルムを用いる大型のカメラではなく、小型のカメラを用いて撮影する技術
POVは臨場感があって面白い。安いし狭い部屋でも撮影できるので意外に合理的らしい。是非ともVR技術と組み合わせて、より臨場感のある映画体験をさせてもらいたいものだ。
今作は監視カメラによる映像もあるので、POVによる主観だけでなく、気づいていないところで起こる超常現象も表現できている。何よりも主観続きで飽きることがないのがとても嬉しい。ずっと主観だと正直疲れてしまうよね。

科学的アプローチ
専門家チームは精神科医や特殊機材の専門家であり、彼らが扱う胡散臭いが謎の説得力がある理論が面白い。
・イオンを放出すると帯電して霊を可視化できる
・ストロボで連続して明かりをつけると霊が現れやすい
・超音波をだすと霊が逃げる
などなど。これがゴーストバスターズだと馬鹿馬鹿しくて笑っちゃうんだけど、バカ真面目にやってるので、もしかしたらと信じてしまいそうになる。
アナベル 死霊館の人形』は幽霊と悪魔の違いを論じたが、今作では超常現象には3つのタイプがあると論じられる。その中でも、生きた人間起因の超常現象があるという考え方は面白く、この理論をもとに真相へアプローチしていくことで登場人物の人間関係も深堀していくストーリーは見事と言える出来栄え。
そしてラストのオチが全てを物語っている。前に見た『操り人間』では、ラストにただ驚かすだけのオチは自己満足でしかないと書いたが、今作は物語の全てを皮肉ると言っても過言ではないビックリオチとなっており、最後までよく考えられた作品だと思う。

まとめ
他作品とは一味違うが、色物で終わらない底力を感じる隠れた名作。何気にメイキングムービーも面白いので観てみると良いよ。

次回はアーバンエクスプローラー。