読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グロが苦手なゾンビ

雑記ブログに転向しました。ホラー映画ばっかり見てると辛いもん。

アフターショック

あいうえお順ホラー第23作はこちら。
アフターショック 

アフターショック DVD

アフターショック DVD

 

 ショックって普通後にに受けるよね

あらすじ
チリへ旅行に来ていた男3人と女3人が巨大地震に巻き込まれる話。

感想
災害系のホラー。前回見た『アイスクイーン』と同様にクラブのシーンから始まる。嫌な予感しかしない。
その予感は的中し、ホラー映画にしては半分近くが男女平和に旅行しているシーンで、残り半分の災害シーンはお互いに足を引っ張り合うことしかしない友情展開。これなら1人で逃げた方がよっぽどいいだろう、と思うのは死亡フラグか。

展開が単調
こういったパニック映画の宿命かもしれないが、1人が負傷→助ける・助けを呼びに行く→結局死亡という展開が続くので飽きてしまう。犯罪者が脱獄して襲い始めることやラストのオチもほぼテンプレ通りで目新しいシーンが見当たらない。半分を占める平和シーンは今までに見てきたホラー映画の中では珍しいが、別にホラーでやらなくていいと思うし、ホラー要素を引き立てるほどの伏線が張ってあるわけでもない。

キャラ
半分平和に過ごしたことでキャラは立っていたと思う。男3人は金持ちの小太りと自信なさげ、子持ちで女3人はおてんばな妹とそれを躾ける姉、そして子持ち。災害時に金持ち小太りが金よりも友情を取るシーンは少しグッときたし、子持ちの男が娘と女で苦悩するシーンは同情できる。

まとめ
ホラーではなくて、人間ドラマ的なものにした方が面白かったんじゃないか。子持ち2人の関係とか姉のデレとか面白くなりそう。あとチリの景観がすごく美しい。旅行行きたいな。

次回はアーロンインザダーク。ついに聞き覚えがある作品が。